違いを理解しよう

アルファベット

日常英語との違いとは

仕事で英語を使う場面が多いため、一生懸命ビジネス英語を勉強しているサラリーマンも少なくありません。ビジネス英語とは仕事で使う英語であるため、日常で使う英語よりも丁寧な表現や言い回しというものがあります。カジュアルな英語をそのまま仕事で使うことは不適切なケースがあるため、日常英語とビジネス英語には違いがあることを知っておく必要があります。日常英語では自由なスタイルて?話しても許されることが多いですが、ビジネス英語では相手に伝わりやすい論理的なセンテンスて?離さなければなりません。日常英語では「I think」や「and」など、接続詞をダラダラ使うことが多いです。しかし、それをそのままビジネスの場で使うと、相手に話のポイントが伝わらない可能性があるため注意が必要です。何が重要であるかを相手に伝えるために、筋道を意識しなか?ら話すことが肝心です。ビジネスシーンならではの言い回しを覚えることも重要なポイントです。日常英語で使っている表現をそのまま使ってしまうと、相手に失礼になってしまうことも少なくありません。例えば〜したいという表現では、日常では「want」で良いですが、ビジネス英語では「Would like to do」とより丁寧な表現を使う必要があります。相手にもう一度聞き直したいときも、日常英語では「Pardon」で十分ですが、ビジネスシーンでは「I beg you pardon」とします。日本よりも自由なイメージが強い海外でも、ビジネスでは表現の使い分けが必要であることは知っておくと良いです。

Copyright© 2019 仕事で使える生きた英語に多くの人が注目しているわけとは All Rights Reserved.